社会の隙間から

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海テレビ「怪しいお米セシウムさん」騒動

<<   作成日時 : 2011/08/11 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

【東海テレビの浅野社長が岩手県知事に謝罪 不適切テロップ問題で】---

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011081090210652.html

(中日新聞:2011年8月10日 23時15分)

 東海テレビ放送(名古屋市東区)の情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米のプレゼント当選者として「怪しいお米セシウムさん」などのテロップを放送した問題で、同社の浅野碩也(せきや)社長が10日、岩手県庁を訪れ、達増拓也知事に謝罪した。


画像



 問題発生以降、浅野社長が岩手県入りするのは初めて。達増知事に放送までの経緯と、新聞広告でのおわびなどその後の対応を説明した。

 達増知事は「正しい情報を伝えるマスメディアが根拠のない情報で風評被害を起こすのはあってはならないこと。猛省を求めます」と述べ、再発防止を要請した。

 浅野社長は報道陣に対し、自身の進退は「今の時点ではない」としたうえで「(退任も)含めて検討しているが、責任を持って再発防止に努力する」と述べた。

 番組関係者に関しては「重く受け止めており、きちっとした処分を出す」とした。また、

 有識者の監修で制作する検証番組を岩手県でも放送するとした。

 JA岩手県5連も訪れ、抗議文への回答文書を手渡した。

 JAは日本農業新聞にもおわび広告を掲載することを求めたほか、「ふざけ心という説明は理解できない。確信犯としか思えない」と再調査を要望した。

 番組は4日の放送で不適切な表記のテロップを流し、5日から休止。

 東海テレビには10日までに1万4700件余りの苦情電話、メールが寄せられている。

------------------------------------------------

【セシウムさんの東海テレビ、CM打ち切り続々】--------------

(2011年8月9日09時22分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110809-OYT1T00170.htm

 東海テレビ放送(名古屋市)の情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米のプレゼント当選者について「怪しいお米 セシウムさん」などと不適切なテロップが流れた問題で、子供服メーカーのミキハウス(大阪府八尾市)がすでに同番組へのCM提供を打ち切り、愛知県護国神社(名古屋市)もスポンサーから降りる方針を決めたことが8日、分かった。


 ほかに少なくとも4社が同番組へのCM提供を当面、休止することを決定。東海テレビへのCM休止の動きはこれまで農協関連団体に出ていたが、民間企業にも拡大した形だ。

 東海テレビは、問題が起きた翌日の5日から、「ぴーかんテレビ」の放映を見合わせ、アニメの再放送などを流している。東海テレビは同番組のスポンサーのリストを公表していないが、ミキハウスは毎週金曜にCM提供してきたことを認め、「打ち切りは問題の発生当日に即断し、謝罪に来た局担当者に強く抗議して伝えた」としている。

 7月からCMを提供していた愛知県護国神社の臼井貞光宮司も読売新聞の取材に、「番組が再開されても協力はできない」と語った。

 当面休止を決めたのは製パン大手のフジパン(名古屋市)、流通大手イオン(千葉市)、和菓子店の川上屋(岐阜県中津川市)など。フジパンは5日からCM提供を休止しており、イオンは9日から見合わせる。フジパンは「視聴者から厳しい意見が相次ぎ、CM提供を続ければ企業イメージを害する」と懸念を示した。

 10年以上にわたってスポンサーとなり、番組に視聴者プレゼントも提供してきた川上屋の原善一郎社長は「CMを続ければ我々も批判の標的になる」と話した。

------------------------------
 

 この騒動で情報番組「ぴーかんテレビ」のみならず、東海テレビから続々と企業がスポンサーから手を引くという大騒動になっている。

 確かに東海テレビがテロップで岩手県産米に「怪しいお米セシウムさん」と流す行為は、あまりにも幼稚かつ悪質な行為だというバッシングが巻き起こるのは当然だ。

 しかし、岩手県産米が放射能汚染されているのか?どうなのか?一消費者として知る権利があり、基準値を引き上げる以前の基準で出荷していいのかどうなのか知りたいものだ。

 とういうのも国は「20mSV基準」に象徴されるように、続々と放射能基準を引き上げ「安全」としているからだ。

 引き上げられた基準でも出荷できない様々な食品が市場に出回っている事実が歴然とあるからだ。

 決して、幼稚なテロップを流した東海テレビを擁護する気は毛頭も無い。

 何故なら、マスコミとりわけ地上波TVは情報を改竄・隠蔽に加担してきたからだ。

 一連の東海テレビ騒動の報道を一通り見たが、岩手県産米が放射能汚染の度合いを伝えるものは皆無だ。

 消費者の多くは内部被ばくを避ける手段として知る権利に応えていない商業メディアには不信感を持っている。

 とりわけ大企業のスポンサー料のみで成り立つTVの報道の在り方には、憤りを覚えずにはいられない。

 商業メディアは危険なものを「安全」と詭弁を弄してきた政府・官僚・東京電力と同列に位置する。
 マスメディアは好んで「風評被害」という言葉を使用するが、自分は「風評被害」などほとんど存在せず、「放射能汚染被害」しかないと考えている。

 以前、とある県知事は農産物の放射能検査を行わないよう指示した人物もいた。

 当然、放射能被害で出荷停止措置になる事を知っての行動だろう。

 そしてその農産物は市場に出回った。

 このような経緯を考えると、東海テレビが放映したテロップには幼稚性には呆れるが、まず岩手県産米が安全なのかどうかを伝える事はマスコミの最優先事項である。

 内部被ばくを強いられる義務は消費者には存在しない。逆に内部被ばくを避ける情報を知る権利を有している。

 その上で本当に安全な農産物なのか否かを判断する権利もある。

 今回の東海テレビの騒動の焦点は、本当に岩手県産が安全なのかどうか?という事がまず大前提となるのだが、この事が曖昧にされたまま、東海テレビバッシングが起きているのには違和感を感じる

 そして引き上げられり以前の基準値で安全なのか?という重要な問題はおざなりにされいる。

 とういのも福島東京電力事故以降、人間が放射能汚染に対して免疫を持つ事はあり得ない。

 基準値を引き上げる行為は単に東京電力の損害賠償額を減額し、多くの人達に内部被ばくを強いる犯罪的行為である。

 あくまでも基準値の引き上げる行為は基準値の存在自体を無力化する。

 今回の騒動を報道する際にマスコミは最低限、岩手県産米が安全なのか?否かを報道する責務を負い。汚染されていたならば、東京電力が買い取る義務を負うのが当然だ。



  • ずっとウソだったby斉藤和義
  • ニュース解説 眼 4/28(木) ネット監視法と危険性
  • 3号機爆発

  • 沢田研二:我が窮状 投稿者 kingyochingyo
  • 我が窮状/作詞:沢田研二
  • テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 1
    なるほど(納得、参考になった、ヘー)

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(2件)

    内 容 ニックネーム/日時
    安全性がどうこうとおっしゃいますが
    そもそも今回視聴者プレゼントとして用意された米は去年収穫されたものであることは
    ご承知でしょうか。
    通りすがり
    2011/08/11 01:13
    >通りすがりさん

    去年収穫されても放射能汚染から免れるわけではありません。まさか去年収穫されたら、放射能汚染を避ける施設に保管されているとお考えでしょうか?

    大地・大気・海水、家屋などが放射能汚染されるのと同様、保管場所も汚染の対象となりかねません。

    いくら去年収穫されても保管場所が放射能汚染されていれば、当然保管米も汚染される危険性があります。


    ヒロ
    2011/08/11 01:37

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    hirotrotskyをフォローしましょう 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
    にほんブログ村 さようなら原発1000万人アクション
    東海テレビ「怪しいお米セシウムさん」騒動 社会の隙間から/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる