社会の隙間から

アクセスカウンタ

zoom RSS No.3 資本主義の終焉の始まり 〜欧州債務懸念とアメrカ国債格付け引き下げ〜

<<   作成日時 : 2011/08/09 05:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

 サブプライムローン問題に端を発した金融・経済危機はリーマンショックをピークに各国が企業や市場にジャブジャブに資金を投入した事から、ようやく危機を脱し異常事態を収束に向かうかに見えた。
 
 しかし、サブプライムローン問題で大打撃を受けた欧州各国は、ギリシャを発端とした南欧の諸国の債務懸念を引き金にユーロ危機を引き起こし、更には予想外にもアメリカ国債のデフォルトは回避できたもののアメリカ国債の格下げという事態を迎え、世界経済の二番底懸念が台頭している。

 1929年の世界恐慌の際も、一度は盛り返した世界経済は再度下落し二番底からファシズムが台頭し、第二次世界大戦という悲劇をもたらした。

 今回も様々な要因から急速に二番底へと世界同時株安が始まった。

 昨年、導入されたアメリカ量的緩和策第二弾(QE2)が6月末で予定通り終了した。

 当時アメリカの経済指標はあまり良くなかったが、市場の大方の見方では、QE3は無いだろうというのが大半だった。

 しかし、アメリカ大統領オバマがアメリカ憲法で定められた財務上限を引き上げる事を法案化し、共和党との間で激しい綱引きを演じた。

 この事から「アメリカ国債がデフォルトする」「格下げが行われる」との情報が飛び込んできた。

 どうやらアメリカ国債の償還を迎え、「借金で借金を返す自転車操業状態」にあるようだ。

 これに伴いオバマが提唱する債務上限の引き上げが実現できなければ、アメリカ国債の一部がデフォルトとなる事が想定され、焦点は一気に欧州債務問題からアメリカ債務問題へと向けられる。

 もしアメリカ債権がデフォルトという事態になれば、AAAという最高の格付けを誇るアメリカ国債により銀行や機関投資家に大打撃を与える事が容易に脳裏をよぎる。

 結局、債務上限引き上げはクリアされたが、アメリカ国債は史上初めて一段階引き下げられた。
 この影響は非常に大きい。

 再度、リーマンショッツクの時のように市場の流動性が滞り、信用不安で資金が流れなくなる事が予見される。 

 しかも問題はサブプライムローンなどとは規模が違う。

 世界で最高格付けを誇り、世界中に流通しているアメリカ国債の信用が揺らげば、問題はリーマンショックどころではない。

 リーマンショックの際に銀行や市場に流すカネはもはや無い。
 
 無策で市場を見守る以外無いというのがアメリカやEUの金融当局者の心境だろう。
 ユーロに続き米ドルの信用失墜も免れない。

 資金はより安全な通貨日本「円」スイス「フラン」に逃避し、金や銀などの現物資産の価格の上昇が再度起こるだろう。

 既にニューヨークの金価格は史上最高値を更新し続けている。


2011年8月9日

(つづく)
 

 

  

  



世界大恐慌――1929年に何がおこったか (講談社学術文庫)
講談社
秋元 英一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界大恐慌――1929年に何がおこったか (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




(SBI証券お客様)株式投資実用講座
創己塾shop
■教材内容 &nbsp; テキスト:3冊 確認テスト:3冊 中間試験:3回 修了試験:1回


楽天市場 by (SBI証券お客様)株式投資実用講座 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



  • ずっとウソだったby斉藤和義
  • ニュース解説 眼 4/28(木) ネット監視法と危険性
  • 3号機爆発

  • 沢田研二:我が窮状 投稿者 kingyochingyo
  • 我が窮状/作詞:沢田研二
  • テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(2件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時
    フェラガモ アウトレット
    No.3 資本主義の終焉の始まり 〜欧州債務懸念とアメrカ国債格付け引き下げ〜 社会の隙間から/ウェブリブログ ...続きを見る
    フェラガモ アウトレット
    2013/07/03 09:32
    プラダ トート
    No.3 資本主義の終焉の始まり 〜欧州債務懸念とアメrカ国債格付け引き下げ〜 社会の隙間から/ウェブリブログ ...続きを見る
    プラダ トート
    2013/07/10 04:31

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(1件)

    内 容 ニックネーム/日時
    オバマも“ダメ菅”切り…どん底政権一気に崩壊!―【私の論評】アメリカによる日本の富の収奪が始まる?
    ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
    http://goo.gl/IEUHK
    こんにちは。日本国内で、そっぽをむかれている菅さん、とうとうオバマにも"ダメ菅"切りをされたようです。日本国内のマスコミの認識はこの程度のもののようです。しかし、私としては、米政府が、9月前半に予定されていた日米首脳会談の日程調整を事実上拒否したことは、今後、オバマが日本に対する、内政干渉ギリギリの圧力のための、前哨戦か、前触れ、あるいは、そのための下工作のように思えてなりません。詳細は是非私のブログを御覧になってください。
    yutakarlson
    2011/08/09 10:07

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    hirotrotskyをフォローしましょう 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
    にほんブログ村 さようなら原発1000万人アクション
    No.3 資本主義の終焉の始まり 〜欧州債務懸念とアメrカ国債格付け引き下げ〜 社会の隙間から/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる