社会の隙間から

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり儲けは巨大企業、ツケは国民・・・ 〜呆れた福島原発事故賠償問題〜

<<   作成日時 : 2011/05/21 13:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【東電、料金最大18%上げ容認へ なし崩しで税金投入も】-----
(2011.5.13 20:4 :産経ニュース)

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110513/fnc11051320440015-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110513/fnc11051320440015-n2.htm

 東電の賠償支援の枠組みは、「国民負担を極小化する」と明記したのとは裏腹に大幅な電気料金値上げが避けられない状況だ。 

 値上げは機構に負担金を拠出する他の電力会社にも及ぶ可能性が高い。


 さらに東電の経営が行き詰まれば、国が肩代わりできる例外措置が設けられたことで、責任の所在があいまいなまま、なし崩し的に税金による穴埋めが膨らむ恐れがある。 


 「できるだけ電気料金への転嫁を少なくする。国民負担の極小化に努めていきたい」

 海江田万里経済産業相は13日、こう強調したが、具体的な値上げ幅への言及は避けた。
 

 すでに政府は、原発停止による代替火力発電の燃料費など年7千億円、16%分と試算されるコストアップについて、料金への転嫁を認める方針を固めている。 

 値上げ要因はこれだけではない。

 東電を含む電力会社が機構に拠出する負担金についても、「原発のコストとして値上げの根拠になる」(資源エネルギー庁幹部)としている。

 東電の場合、負担金は年1千億円程度と想定しており、値上げ幅は約2%上積みされ、最大18%にも達する。


 東電は今秋にも申請し、来春から実施される公算が大きい。

 合計で年2千億円を想定する他の電力会社の負担金も料金への転嫁を認める方向だ。 

 料金に転嫁されないのは、東電が公的資金の返済のために機構に拠出する年1千億円と想定される特別負担金だけというのが実情だ。

 政府が大幅値上げを容認せざるを得ないのは、コスト増で東電が赤字に陥れば、合計で年2千億円の負担金を拠出できなくなり、「枠組みそのものが成立しなくなる」(政府関係者)ためだ。

 政府は取引先金融機関による支援に期待を寄せるが、実現は不透明だ。

 枝野幸男官房長官は13日の会見で、「(銀行が債権放棄に応じない限り)国民の理解は得られない」と、恫喝(どうかつ)してみせた。

 だが、銀行側は債権放棄どころか、追加融資にも慎重だ。

 原発事故の発生直後には8行が計約2兆円を融資したが、これは「日本の産業を守る社会的使命」(奧正之・全国銀行協会長)による緊急措置という位置づけだ。

 「債権放棄に応じれば、不良債権として扱わざるを得ず、賠償金支払いや原発処理に必要な資金の追加融資が難しくなる」(大手銀関係者)と、政府側を牽制(けんせい)する。

 電気料金を値上げしても、金融支援がまとまらないと、東電が年2千億円の負担金を拠出できず、公的資金の返済に行き詰まる恐れがある。

 そうなれば、例外措置が発動され、税金による穴埋めで国民負担が生じる。


 これまで金融機関や日本航空などへの公的資金の投入では、破綻処理により対象企業だけでなく、株主や銀行にも損失を負わせ、責任を問うてきた。

 今回は、関係者に加え、原発を推進してきた国の責任も明確化せず、枠組みを決めることだけを優先した。

---------------------------------------------

 福島原発事故が起きた直後、「責任は第一義的に東京電力にある」と公言した管民主党政権。

 原発利権から溢れ出るカネが、管民主党政権へ現ナマが打ち込まれたのか?

 舌の根も乾かぬうちに加害企業東電の責任を国民に転嫁させる画策がされている。

 ボロ儲けをし続けてきた東京電力はいざ事故を起こした途端、儲けたカネを政治家や商業メディアなどに大盤振る舞いをする一方で、被害者にはカネを出し渋る。

 人類史上例を見ない事故と汚染を引き起こしたにも関わらず、何ら法の裁きどころか民事責任すら放棄する有り様。

 こんな事を容認する国家なんて民主主義国家でも法治国家でもない。

 単なる独裁国家であり、容易にカネで法の枠に外に出られる無法国家に過ぎない。

 カネが支配する国家とも言えよう。

 バカを見るのは原発被災者であり、世界一高い電気料金を支払い、放射性物質で汚染された農産物や魚貝類を食する事を強いられ、汚染された水道水を使用せざるを得ないフツーの国民だ。

 追い打ちをかけるかのように更に電気料金は引き上げられ、税金も上げられる。

 震災解雇・リストラが吹き荒れ、職すらままならない。

 一方で巨大企業の内部留保や役員報酬は引き上げられ、富むめる者はますます富み、貧富の拡大が拡大し続ける構造が定着してしまっている。

 もはや無関心や沈黙は、富める者達の奴隷に過ぎない事を自覚せねばならない。

 そして闘う者は無関心・沈黙する国民に苦しめられる事となる。




  
反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
岩波書店
湯浅 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル













  • ずっとウソだったby斉藤和義
  • ニュース解説 眼 4/28(木) ネット監視法と危険性
  • 3号機爆発

  • 沢田研二:我が窮状 投稿者 kingyochingyo
  • 我が窮状/作詞:沢田研二
  • テーマ

    関連テーマ 一覧


    月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(2件)

    内 容 ニックネーム/日時
    次々に小出しにされる耳をも疑う恐ろしい放射能データに東電、民主政府の知らぬ振りの裏のチェリノブイリをも越えた福島放射能の垂れ流しと収拾の付かない惨状にあの震度5強の地震の恐怖が甦る。機関産業の政権ともたれあいの甘い汁にされ、ひとたび奴らの想定すら無視した挙げ句の惨状にもおのが保身と言い逃れ、この福島の惨状は一つに想定津波を6m程度にした東電や原発推進派達の許しがたい嘘にある、これを決定推進した奴らをおシラスに引き立て極刑にすべし、三陸の津波が軒並み10mを越えていることが解っていて今回の15mはその罪逃れることの出来ない人災である。東電は会社全てを売却してでも償う義務がある。この未曾有の歴史的罪を逃れる事の出来るものではない。空に大地に海にまき散らされる凄まじい量の放射能.....マイクロシーベルトがいつの間にかミリシーベルトになり気がつけば万だ億だ兆だのが付きだした。牛乳どころかほうれん草どころかお茶どころかすぐに魚も海藻も食べれない事態も迫っている......ほんの数メートルが命取りの甘さと自らのちょんぼを国民におしつけ
    られる厚かましい無神経......この悲惨が永々と10年も20年も続く憂鬱......そしてそこにいる無能民主空き缶政権とはめまいがする........
    平成の被爆者
    2011/05/21 16:48
    >平成の被爆者さん
    政治家は財界=官僚の操り人形に過ぎないと思います。更に言えば国民は政治家の巧みなパフォーマンスの操り人形に過ぎないと思います。
    真の民主主義社会を切り開くのは、非暴力直接行動だと思います。いくら嘆いてもつぶやいても愚痴を周囲に言っても社会は何も変わりません。それは黒人奴隷制度を廃止したキング牧師やドイツの反原発民衆デモで立証されたと考えています。
    ヒロ
    2011/05/21 17:19

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
    hirotrotskyをフォローしましょう 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ
    にほんブログ村 さようなら原発1000万人アクション
    やはり儲けは巨大企業、ツケは国民・・・ 〜呆れた福島原発事故賠償問題〜 社会の隙間から/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる